TOPに戻る
ゆっくり、子育て。雲南市

ゆっくり子育て雲南市。雲南子育てポータルサイト

うんなん給食じかん

雲南市の学校給食の食材は安全・安心を基本理念におき、地元産(雲南市内産)、県内産、国内産を優先して使用しています。
現在、米・牛乳・卵については全てを地元産・県内産で、また、野菜については地元の生産者さんから出荷されたものを出来るだけ多く使用することで地産地消・食育の推進を図っています。

給食を食べるみなさんへ‥
給食も学校での大切な勉強のひとつです。
給食をとおして、食べ物のこと、地域のこと、マナーのことなど、たくさん考え、知ってほしいと思っています。
そんな勉強の教科書は給食です。
みなさんが、おいしくて、安全・安心な給食を食べられるように、給食に関わるたくさんの人が心をこめて作っています。
みなさんも、給食の時間を大切にして、楽しく食べてくださいね。

明治22年当時の給食アレンジ献立

毎年、1月24日から30日までは、全国学校給食週間です。
なぜこの期間かというと、明治22年に日本で始めて給食が提供されましたが、戦争のため給食がなくなり、そして再び給食が提供されはじめたのが、12月24日でした。しかし、今では12月24日は冬休みになってしまうので、1ヶ月ずらした1月24日が学校給食記念日、そしてそれから1週間が学校給食週間になりました。
今日は、明治22年、初めて出された給食をアレンジした献立です。
初めて出された給食は、おにぎり、鮭の塩焼き、漬物でした。今よりも品数が少ないですが、当時はなかなかごはんが食べられなかったので、給食は貴重な一食だったそうです。
みなさんが知っている給食と、おうちの方や先生が食べてきた給食は必ずしも同じではありません。
おうちの方や先生に、子どもの頃食べていた給食の思い出をぜひ聞いてみてください。
給食の献立
鮭の塩焼き
福神漬けあえ
すいとん汁
黒糖ビーンズ
ごはん
パスチャライズ牛乳

これまでの給食

お問い合わせはこちら

雲南市教育委員会  教育総務課

島根県雲南市木次町里方521番地1
0854-40-1071
0854-40-1079
kyouikusoumu@city.unnan.shimane.jp
大東給食センター 0854-43-6137
加茂給食センター 0854-49-9595
木次給食センター 0854-42-0166
三刀屋給食センター 0854-45-2637
吉田給食センター 0854-74-0203
掛合給食センター 0854-62-0696

このページの情報はわかりやすかったですか?


わからないことは、検索
Instagram
Instagram
サイトマップ