TOPに戻る
ゆっくり、子育て。雲南市

ゆっくり子育て雲南市。雲南子育てポータルサイト

うんなん給食じかん

雲南市の学校給食の食材は安全・安心を基本理念におき、地元産(雲南市内産)、県内産、国内産を優先して使用しています。
現在、米・牛乳・卵については全てを地元産・県内産で、また、野菜については地元の生産者さんから出荷されたものを出来るだけ多く使用することで地産地消・食育の推進を図っています。

給食を食べるみなさんへ‥
給食も学校での大切な勉強のひとつです。
給食をとおして、食べ物のこと、地域のこと、マナーのことなど、たくさん考え、知ってほしいと思っています。
そんな勉強の教科書は給食です。
みなさんが、おいしくて、安全・安心な給食を食べられるように、給食に関わるたくさんの人が心をこめて作っています。
みなさんも、給食の時間を大切にして、楽しく食べてくださいね。

<地産地消ウィーク>給食のはじまり献立(R2.1.24)

1月24日~30日は、全国学校給食週間です。
雲南市では地場産物への興味関心を高め、ふるさとの自然の恵みや給食に携わる人々への感謝の気持ちを育むことをねらいとして、地場産物を特にたくさん取り入れた給食を提供する「雲南市地産地消ウィーク」を実施します。
この時期にとれる地元野菜を特にたくさん取り入れた給食にした1週間にしていきます。
1日目の今日は、給食のはじまり献立です。
学校給食は、今から約120年前に山形県で始まりました。
当時は家が貧しくて学校にお弁当を持ってこられない子どもがたくさんいたそうです。そこで、この小学校を建てたお坊さんが、おにぎり、焼き魚、漬物をお昼ご飯に出していました。これが学校給食のはじまりです。
今日も給食のはじまりをイメージした献立にし、野菜はすべて地元でとれたものです。
献立
むぎごはん(米、大麦) 牛乳 鮭の塩焼き(鮭) 福神漬けあえ(小松菜、キャベツ、大根、福神漬け) すいとん汁(さつまいも、にんじん、根深ねぎ、大根、にんにく、しょうが、うす揚げ、すいとん、みそ)

これまでの給食

お問い合わせはこちら

雲南市教育委員会  教育総務課

島根県雲南市木次町里方521番地1
0854-40-1071
0854-40-1079
kyouikusoumu@city.unnan.shimane.jp
大東給食センター 0854-43-6137
加茂給食センター 0854-49-9595
中央学校給食センター 0854-42-9005

このページの情報はわかりやすかったですか?


わからないことは、検索
Instagram
Instagram
サイトマップ

災害が起きたときをイメージして、事前に非常用物品等を備えておきましょう

妊産婦・乳幼児の災害への備えについて