TOPに戻る
ゆっくり、子育て。雲南市

ゆっくり子育て雲南市。雲南子育てポータルサイト

お子さんにかかる養育・教育費を支援する制度です。

児童を養育している方に児童手当を支給することにより、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的としています。

0~3歳未満は15,000円
3歳~小学校修了までは10,000円
中学生は10,000円

支給対象

日本国内に居住し、中学校卒業まで[15歳の誕生日後の3月31日まで]の児童を養育している方に支給されます。
児童が児童養護施設等に入所している場合は、原則として施設の設置者や里親等に支給されます。
支給対象となる児童を養育する父母等のうち、生計の中心となる方に支給されます。また、父母等ともに収入がある場合は、恒常的に所得が高く、児童の生計を維持する程度の高い方に支給されます。

児童手当は請求者(受給者)のお住まいの市町村から支給されます。
請求者(受給者)が公務員の方は、勤務先(給与等担当部署)から支給されます。

支給月額

  所得制限限度額未満の場合 所得制限限度額以上の場合
0~3歳未満 月額15,000円(一律) 月額5,000円(一律)
3歳~小学生修了前 第1子,第2子月額10,000円
第3子以降月額15,000円
(ただし、児童福祉施設等入所児童(里親委託含む)の場合:月額10,000円)
中学生 月額10,000円(一律)

平成24年6月から所得制限が設けられています。ただし、受給者が施設・里親等の場合は、所得制限は適用されません。

児童の出生順位の考え方
養育する児童 [18歳に到達した日以後最初の3月31日を迎えるまでの児童(児童養護施設等に入所中の児童を除く)] のうち、年長者から第1子、第2子、第3子と数えます。
(例:16歳、13歳、10歳、6歳の4人兄弟・姉妹等で、13歳が児童養護施設等入所児童の場合、16歳が第1子、10歳が第2子、6歳が第3子となります。)

所得制限限度額

扶養親族等の数 所得制限限度額 収入額の目安
0人 622万円 833万3千円
1人 660万円 875万6千円
2人 698万円 917万8千円
3人 736万円 960万円
4人 774万円 1002万1千円
5人 812万円 1042万1千円

以降1人増えるごとに38万円(扶養親族等が老人控除対象配偶者又は老人扶養親族である時は44万円)が加算されます。
所得制限は所得の高い方が対象で、世帯の合算した所得ではありません。

支給日

2月10日 10月~1月分
6月10日 2月~5月分
10月10日 6月~9月分

※支給(予定)日が土日祝日の場合は、直前の平日になります。

認定請求について

お子さんが生まれたり、他の市町村から転入等されたときは「認定請求書」を提出することが必要です。
(公務員の場合は勤務先に提出してください。)
認定請求書を提出し、認定を受ければ、原則として、申請した月の翌月分の手当から支給されます。
申請が遅れると、手当を受けられなくなる期間が発生することがありますのでご注意ください。

申請書類

その他、家庭の状況により別途書類が必要となる場合があります。

現況届について

「現況届」とは、児童手当を受給している方について、その年の6月1日時点における家庭環境等、手当を引き続き受ける要件を満たしているかどうか確認するための書類です。
手続きの案内・申請書類を5月末に郵送しますので、案内をよくお読みいただき添付書類を添えて、6月30日までにご提出ください。
※現況届を提出されないと、6月分以降の手当を受給することができなくなります。
申請が遅れると、手当を受けられなくなる期間が発生することがありますのでご注意ください。

申請書類

その他、家庭の状況により別途書類が必要となる場合があります。

手続一覧

各申請書をご希望の方は雲南市役所市民環境部市民生活課またはお近くの各総合センター市民福祉課までお出掛けください。

提出いただく書類 手続きが必要な場合(例)
認定請求書 出生などにより新たに児童を養育することになったとき
市外から雲南市に転入したとき
再婚等により受給者が変更になるとき
生計中心者が公務員でなくなったとき
児童が児童養護施設などを退所したとき
受給事由消滅届 受給者が市外へ転出したとき
再婚・離婚等により受給者が変更になるとき
受給者が公務員になったとき
未支払請求書 受給者が亡くなったとき
額改定認定請求書(増額) 手当受給中で、新たに児童が出生したとき
再婚等により養育する児童が増えたとき
額改定届(減額) 離婚等により養育する児童が減ったとき
現況届 毎年6月(全ての受給資格者)
氏名住所等変更届 氏名が変わったとき
市内で住所が変わったとき
受給口座変更依頼書 振込口座を変更するとき(受給者名義の口座に限ります)
別居監護申立書 単身赴任などで児童と住所が別のとき
養育事実に関する申立書 祖父母等が受給者になるとき
受給資格に関する申立書 離婚前提別居で同居父母が受給者になるとき
海外留学に関する申立書 児童が海外留学をするとき
受給資格に関する申立書 未成年後見人が受給者になるとき
申立書 上記の理由以外で申立書が必要になったとき
受給証明書 交付申請書 奨学金申請や授業料免除申請などの添付書類として必要なとき
(申請者は身分証明証を持参すること。
また、「受給者本人」「受給者の配偶者」以外の方が申請者の場合は、委任状が必要です。)

申請窓口

雲南市役所  市民環境部  市民生活課 〒699-1392 島根県雲南市木次町里方521番地1 0854-40-1031

お問い合わせ

雲南市市民環境部  市民生活課

島根県雲南市木次町里方521番地1
0854-40-1031
0854-40-1039
shiminseikatsu@city.unnan.shimane.jp
大東総合センター  市民福祉課 〒699-1251  島根県雲南市大東町大東1673-1 0854-43-8162
加茂総合センター  市民福祉課 〒699-1106  島根県雲南市加茂町加茂中972-5 0854-49-8612
木次総合センター  市民福祉課 〒699-1334  島根県雲南市木次町新市379 0854-40-1083
三刀屋総合センター  市民福祉課 〒690-2404  島根県雲南市三刀屋町三刀屋144-1 0854-45-9501
吉田総合センター  市民福祉課 〒690-2801  島根県雲南市吉田町吉田1066 0854-74-0215
掛合総合センター  市民福祉課 〒690-2701  島根県雲南市掛合町掛合1262-1 0854-62-0056

このページの情報はわかりやすかったですか?


わからないことは、検索
Instagram
Instagram
サイトマップ