TOPに戻る
ゆっくり、子育て。雲南市

ゆっくり子育て雲南市。雲南子育てポータルサイト

妊産婦・乳幼児の災害への備えについて

災害が起きたときをイメージして、事前に非常用物品等を備えておきましょう

妊産婦・乳幼児の災害への備えについて

地震や大雨などの災害はいつ起こるか分かりません。 災害が起きたときのことをイメージし、災害に備える、どう行動したらよいか等を日ごろから考えておくことが重要です。 また、災害が起こったときのために、具体的な対応や連絡方法について家族と話しておくとともに、 日ごろからご近所と交流しておくことも大事です。 下記「避難場所」を参考に避難場所と避難経路についても事前に確認しておきましょう。
参考:市内指定緊急避難場所・指定避難所(雲南市ホームページ)

非常用物品について

「助産師が伝える災害時の知恵ぶくろ」を参考にし、非常用物品を備えておくようにしましょう。
非常持出袋は、避難するときにさっと取り出せる場所に置きましょう。
軽くてコンパクトな物品を選び、持ち出せるか実際に作ってみましょう。

参考:助産師が伝える災害時の知恵ぶくろ(日本助産師会)

災害時は、ストレスにより母乳の出が悪くなることがあります。 母乳育児の方も、念のために哺乳瓶と乳首、粉ミルクまたは乳児用液体ミルク、 赤ちゃん用の水を用意しておくと安心です。 また、おんぶひもで赤ちゃんをおんぶすれば、避難する際に両手が空くのでお勧めです。
母子健康手帳は、妊娠、出産、産後の経過が書かれており、医療者が健康状態を把握することができます。
日ごろから母子健康手帳に、検査結果、飲んでいる薬、連絡先などが分かるようにし、避難のときには非常用物品とともに、 母子健康手帳と診察券を必ず携帯しましょう。

家の中の備えについて

自宅を安全な場所にすることがなによりの災害対策になります。
日ごろからの安全なスペースの確保は、災害時だけではなく、子どもの事故防止にもつながります。 家庭で地震発生を想定した訓練をしたり、地震がきたら自分の身を守るように子どもと約束をしましょう。

  • 家の中に逃げ場としての安全な空間をつくっておきましょう。
  • 火災の発生を防ぐようにしましょう。
  • 寝室や子どものいる部屋にはできるだけ家具を置かないようにしましょう。
  • 安全に避難できるように、出入口や通路には物を置かないようにしましょう。

※家具の転倒・落下を防ぐポイント

  • 移動防止器具は2方向以上に取り付けましょう。
  • ガラスに飛散防止フィルムを貼りましょう。
  • テレビ台は重量があるため、壁などに固定しましょう。また、テレビも壁や台に固定しておきましょう。
  • 二段重ねの棚は金具などで固定しましょう。
  • ポール式を使用するときはストッパーを併用しましょう。
  • L字金具で家具を固定するとともに、扉の開放防止器具を設置して、飛び出しを防止しましょう。
  • 本棚から本などが飛び出さないよう滑り止め対策をしましょう。

災害時の対応

  • 避難するときは、動きやすい服装で2人以上での行動を心掛けましょう。
  • いざというときに慌てずに行動できるように、事前に避難場所と避難経路を確認しておきましょう。
  • 緊急時は複数の連絡方法を考え、連絡先を記入して母子健康手帳と一緒に持っておきましょう。

もし、災害時に連絡が取れなくなったときは、災害用伝言ダイヤル171や携帯電話 の災害用伝言板などを使って安否を確認する方法があります。

妊産婦の災害時の健康チェック

  • 妊娠中は冷えるとおなかが張ったりする場合があります。できるだけ温かくしましょう。
  • 水分を十分に摂らず、長時間無理な姿勢でいると、血行不良になります。 妊婦は血栓ができやすいため、足を動かし、水分を十分に摂って予防しましょう。 ストレッチなどをして、からだをリラックスさせましょう。
  • おなかの張りに伴い軽く出血するかもしれません。 清潔なナプキンをあてて休みましょう。 出産につながる場合もあるので、病院や助産師に連絡しましょう。
※急にお産が始まったら
  • 予定日は早まる可能性もあります。 規則的な痛みを伴うおなかの張り、粘りのある出血、破水があるときは我慢せず、直ちに救助を求め、 医療者がいる場合は声を掛けるか、診療可能な病院(かかりつけ医)等で診てもらいましょう。
  • 破水の場合には、清潔なおむつやタオルをあてて横になりましょう。
  • 陣痛が始まったら、焦らず横になれる場所を見つけて、慌てずゆっくりと呼吸を整えましょう。 落ち着くほど安全にお産をすすめることができます。
※母乳・ミルクについて
  • ショックで一時的に母乳量が少なくなっても、飲ませ続けることで、また出るようになります。 今までどおり授乳方法を変えないことが大切です。
  • 哺乳ビンがないときや消毒が十分でないときには、清潔な紙コップ等を使いましょう。
  • 粉ミルクまたは乳児用液体ミルクを準備しておくと便利です。

災害時のこころとからだについて

眠れない、涙が出る、無気力になるなど、様々な反応は「異常な事態の正常な反応」です。
災害後、人間関係にも変化があります。 産後は、ホルモンの影響で特に不安定になりやすいので、我慢せずに話せる人に自分の気持ちを伝えましょう。 生活のリズムを整える、身体を動かしていくことも大切です。

※赤ちゃんとお母さんの身体のこと
環境の変化で赤ちゃんも不安に思っています。 温かく保温し、泣いたら抱っこするなどで安心させてあげましょう。 また、お母さんは産後1か月間は、横になる時間を増やし身体を休めましょう。

※乳幼児のこと 災害の体験や生活の変化から、赤ちゃん返りや不眠、落ち着かないなどが起こりますが、これは正常な反応です。 子どもの話を聞く、スキンシップを多くしたり、赤ちゃん返りを否定せず、ありのままの子どもを受け止めてあげましょう。

お問い合わせ

雲南市健康福祉部  健康推進課

島根県雲南市木次町里方521番地1
0854-40-1045
0854-40-1049
kenkousuishin@city.unnan.shimane.jp

このページの情報はわかりやすかったですか?


わからないことは、検索
Instagram
Instagram
サイトマップ

災害が起きたときをイメージして、事前に非常用物品等を備えておきましょう

妊産婦・乳幼児の災害への備えについて