TOPに戻る
ゆっくり、子育て。雲南市

ゆっくり子育て雲南市。雲南子育てポータルサイト

平成28年度 保育所・認定こども園(保育所部分)の保育料について

雲南市では、国が定める基準の概ね6割程度(4割程度の軽減)で保育料を設定します。また、各ご家庭の状況に応じて保育料の減免を受けられる制度も設けています。

平成28年度からは次の幼稚園を認定こども園に移行し、3歳以上保育認定児童(2号認定)は、平日7時30分から18時00分までの保育所部分を利用することができます。ただし、土曜日の保育は実施しませんのでご注意ください。
海潮こども園(海潮幼稚園)
斐伊こども園(斐伊幼稚園)
三刀屋こども園(三刀屋幼稚園)
※加茂こども園(加茂幼児園)と木次こども園については、これまでどおりの形態で利用できます。

平成28年度 保育所・認定こども園(保育所部分)保育料徴収基準額表(案)

保育所は、公費と保護者に負担いただく保育料により運営されています。この保育料で保育所の人件費、事業費、管理費、給食材料費(3歳以上は副食費、3歳未満は主食費および副食費)等の一部を負担いただくことになります。なお、保育所によっては、保護者会費や備品代・教材費等の負担が必要になる場合があります。詳細は、各保育所にご確認ください。
保育料は、原則として児童と生計を同じくする保護者(父母)の市町村民税の課税状況と、ひとり親世帯や在宅障がい者世帯などの世帯状況や児童の年齢、保育必要量の区分により決定します。また、年度途中で市町村民税の課税年度の切り替えをします。8月分以前の保育料は平成 27年度の課税状況で決定し、9月分以降の保育料は平成28年度の課税状況で決定します。
ただし、国の制度改正などに伴い変更となる場合がありますのでご了承ください。

児童の属する世帯の階層区分 雲南市保育料月額(円)
階層区分 定義 3歳未満児 3歳以上児
保育標準時間 保育短時間 保育標準時間 保育短時間
第1階層(A1) 生活保護世帯または里親 0 0 0 0
第2階層(B1) 市民税 非課税世帯 5,400 5,400 3,600 3,600
  母子世帯等、在宅障がい児(者)のいる世帯等 0 0 0 0
第3階層(C3、D3) 市民税課税世帯 所得割課税額48,600円未満 11,700 11,500 9,900 9,700
母子世帯等、在宅障がい児(者)のいる世帯等 10,700 10,500 8,900 8,7000
第4階層(D4) 所得割課税額97,000円未満 18,000 17,700 16,200 15,900
第5階層(D5) 所得割課税額97,000円以上169,000円未満 26,700 26,300 24,900 24,500
第6階層(D6) 所得割課税額169,000円以上301,000円未満 36,600 36,000 34,800 34,200
第7階層(D7) 所得割課税額301,000円以上397,000円未満 48,000 47,200 42,400 41,600
第8階層(D8) 所得割課税額397,000円以上 52,000 51,200 45,500 44,700

※年齢は、当該年度4月初日時点での年齢を適用します。
※上記市民税所得割課税額は、住宅借入金特別控除・配当控除・寄付金控除など(調整控除額・税額調整措置の額は除く)の税額控除前の税額です。
※小学校就学前(0~5歳)の範囲において、保育所や幼稚園などを同時に利用される最年長のお子さんから順に2人目は上記の半額、3人目以降については0円となります。
※5歳児の月額保育料の上限は、26,000円とします。
※転居や婚姻・離婚などにより世帯状況が変わった場合は、この事実が発生した翌月分の保育料から再算定しますので、必ずご連絡ください。
※年度途中における確定申告や住民税申告の修正申告により、課税額が変更となった場合は、課税額が変更となった月の翌月分の保育料から再算定しますので、必ず連絡してください。(連絡が遅れた場合は、変更届出等を提出された月以降に再算定することになり、保育料月額が割高となりますのでご注意ください。ただし、当該年度の合計額には影響はありません。)

保育料の減免について

雲南市では、安心してお子さんを預けられるよう保育料の各種減免制度を設けています。各ご家庭の状況によって申請できる制度が異なってきますので、ご確認ください。

(1)土曜日減免

当該年度にすべての土曜日を休所される場合、保育料の2割を減免します。ただし原則年度途中での変更は認められませんのでご注意ください。また、保育所入所後に申請をされた場合は、遡っての適用ではなく、申請日の属する月の翌月からの適用となります。

(2)第3子以降無料化

市内に住所を有している、満18歳未満(年度途中で満18歳に達するお子さんがおられる場合も、そのお子さんが次の3月31日を迎えられるまでは対象に入ります)のお子さんが3人以上おられる世帯は、3人目以降のお子さんの保育料が無料になります。申請が必要となりますのでご注意ください。
※市外の保育所へ広域委託入所される場合も対象となります。また、3人目以降のお子さんの年齢に制限はありません。

(3)多子軽減

小学校就学前(0~5歳)の範囲において、保育所および認定こども園、幼稚園などを同時に利用される最年長のお子さんから順に2人目は上記の半額、3人目以降については0円となります。

※なお、第3子以降無料化、多子軽減においては、対象のお子さん等の保護者の方が、お子さんが在籍されている保育所・認定こども園等の施設の保育料を滞納されている場合、 免徐(無料)とならないことがあります。また、虚偽の申請や第3子以降以外のご兄弟等にかかる保育料を3か月分以上滞納された場合にも、免徐(無料)を取り消されることがあります。

保育料の納付について

保育料は、必ず毎月の納付期限までに納付をお願いいたします。保育料の納入期限は、保育を実施した月の月末日(末日が金融機関非営業日の場合は翌営業日)です。(例:4 月分保育料の納期限は 4 月末日です。ただし、12 月分は 26 日とな ります。)
保育所を休まれている場合でも保育料は発生します。(長期欠席の場合も同様です)
納付期限内に納付されない場合や口座振替が不能だった場合は督促状をお送りします(督促手数料100円も含めて納付していただきます)。
なお、延滞金は国及び地方税の例によります。料金を滞納された場合は、預貯金・給料などの財産差し押さえ等の滞納処分を受けることがありますのでご注意ください。

支払方法

各金融機関の口座振替をご利用ください。手続きは金融機関窓口にあります「雲南市口座振替依頼書」にて、直接金融機関へお申し込みください。なお、口座振替開始までの間、または納付書による納付を希望される保護者の方には、毎月納付書を送付しますので、金融機関窓口で直接納付してください。(雲南市ではコンビニでの納付ができませんのでご注意ください。)また、振込済通知書の発行はありませんので、預金通帳の記帳内容にてご確認ください。
なお、雲南市口座振替申込書の依頼人は保育所入所申込者である保護者(入園・入所承諾書等の宛先人)になりますので、ご注意ください。※(依頼人の欄の記載にご注意ください。)また、登録された口座の変更や廃止等があった場合は、再度金融機関にて手続きをお願いします。登録されている口座が不明な場合はお問合せください。

指定金融機関一覧

申請書類

※上記申請書類は内定通知後に提出していただきます。別途ご案内します。

申請窓口

雲南市役所  子ども政策局  子ども政策課 〒699-1392  島根県雲南市木次町里方521番地1 0854-40-1044

※対象となるお子さんが入所されている保育施設への提出もできます。

お問い合わせ

雲南市子ども政策局  子ども政策課

島根県雲南市木次町里方521番地1
0854-40-1044
0854-40-1079
kodomoseisaku@city.unnan.shimane.jp

※保育料の徴収および納付相談に関しては、雲南市役所市民環境部債権管理対策課(0854-40-1035)までお問合せ下さい。

雲南市役所  市民環境部  債権管理対策課 〒699-1392 島根県雲南市木次町里方521番地1 0854-40-1035

このページの情報はわかりやすかったですか?


わからないことは、検索
Instagram
Instagram
サイトマップ